キャンセル率に注意 バイマからのメール【ほしいもの登録された商品があります】

キャンセル率に注意 バイマからのメール【ほしいもの登録された商品があります】

BUYMA(バイマ)で活動していると、どうしても「取引のキャンセル」をせざるを得ない時があります。

 

無在庫販売が唯一 認められている、プラットフォームであるBUYMA(バイマ)では、手元に在庫がなくても販売ができるため、受注が入った時点で、買付を予定していた店舗の在庫が「売り切れてしまった」ということも起こるからです。

 

ですから、最悪の場合は、取引をキャンセルする、という事も認められてはいますが、とはいえ、キャンセルをすればいいというものではありません。

 

お客様にとっては、せっかく”欲しい”という気持ちで注文したのに、取引をキャンセルされたら、ガッカリですよね。当たり前です。

 

取引キャンセルというのは、パーソナルショッパーページに掲載させている、「買付率」に影響します。

 

また、総合評価にも反映されているはずです。

(これについてははっきりとした算出方法は明かされていません。)

 

ですから、BUYMA自体が、顧客満足を向上するためにも、取引キャンセルを撲滅するように、いろいろな対策を行なっているのをご存知ですか?

 

【カート追加 または ほしいもの登録された商品があります】メール

 

バイマから、お昼頃、【カート追加 または ほしいもの登録された商品があります】というタイトルのメールが届くことがあります。

 

このメールには、前日、お客様がカートに入れていたり、ほしいもの登録をした商品がリストアップされます。

 

ということは、ここにリストアップされた商品は、反応が良く、これから購入につながる可能性が高いので、今一度在庫状況を確認してください、というものです。

 

ここで、在庫状況を今一度確認し、在庫がないものは取り下げる、などの措置をすべきですが、他にも対策があるので、挙げてみますね。

 

【在庫切れの際の対処】他のショップを探してみる。

 

とはいえ、せっかく反応がいいとわかった商品なのに、在庫切れだからとすぐに諦めてしまうのも勿体無いですよね。

 

同じ商品が、他のショップでまだ販売されていることもあります。ですので、まずは当初買付予定のショップが在庫切れだとわかったら、他のショップに在庫がないか確認してみましょう。

 

他のショップで価格が高い場合は、価格を改定してみる。

 

もし、他のショップに在庫はあったものの、経費などを含め、仕入れ値が上がってしまった場合は、価格を改定しましょう。

 

他にも条件が異なる場合は、必ず商品ページに記載するか、出品し直すなどしてメンテナンスを行いましょう。

 

最悪、受注後、在庫切れの場合

 

通常は、取引キャンセルという流れになります。受注リストから取引キャンセルをするに進んで、完了させましょう。

 

お客様へのメッセージを入力できますので、その際は、お客様にお詫びしつつ、次につながるようなメッセージをお送りしたいですね。

 

もし、この時、他店舗で同じ商品が見つかったりする場合は、メッセージにて、再提案する事もできます。

 

正しい内容で、失礼がないように、再提案をするようにしましょう。こちらはあくまでも、普段、商品ページのメンテナンスをした上での提案です。

 

※ 注意

11月17日現在、数日前に変更になった、バイマの規定の中で、価格を値上げして再提案する、ということはルール違反、となりました。しかしながら、お客様の中には、価格が上がっても欲しい、という方がいるのも事実です。ご要望があり、どうしても仕入値が上がってしまう場合は、あくまで、失礼のないように、正当な取引を進めましょう。

 

わざと価格を安く見せかけて、受注後、価格を釣り上げて再提案するような、悪さをする方は、論外です。バイマから除名されますので、注意してください。

 

バイマ上での「手元に在庫がある商品」の露出

 

これは、一概にキャンセルを防ぐためというわけではないと思いますが、「手元在庫がある方の受注率がよくなりますよ」というメールをパーソナルショッパーに送ったり、手元在庫がある商品は、タグをつけることができますので、露出されるように特集を組んだりしてくれます。

 

そういった商品が購買者の目につくことは、「すぐ手元に届くから頼もう。」というきっかけになり、受注にもつながりやすいですし、満足度も上がります。

 

パーソナルショッパーにとっても、手元の在庫が売れるのでメリットがあります。

 

その両者にとってメリットがあるので、結果BUYMAにとってメリットがあるということになります。

 

そのためこういった特集を組み、結果、取引キャンセルを撲滅していることになるのです。

 

こういった流れから、あえて在庫を持つという戦略で運営しているパーソナルショッパーもいます。

 

ある程度、利益が出るようになってくれば、あえて在庫を持つということも一つの方法ですが、不良在庫にならないように気をつけたいですね。

 

初心者にはあまりお勧めできませんが、どうしてもキャンセルが増えてしまったなどの措置として、手持ちで在庫を持ちたい場合は、必ず売れている商品だけに絞った方がいいと思います。

 

また、シーズンが過ぎた途端に売れなくなることもありますので、シーズン商品には注意してください。

 

取引キャンセルを続けていると”ペナルティ”を受けます

 

あまりにも取引キャンセルを続けていると、BUYMA事務局よりペナルティを受けることがあります。

 

これは、メールにて連絡があります。

 

もしかしたら、連絡がなくても操作されている可能性がないとも言い切れません。

 

このペナルティとはどういうことかと言うと、出品している商品がお客様の目に触れなくなる、つまりBUYMAのページの上位に入ってこなくなるということです。

 

例え、昨日まで人気順の上位に表示されていたとしても、ペナルティを受ければ一気に表示されなくなり、結果売れなくなります。

 

つまりこれは、売れない=利益がない=商売にならない

 

ということですので、やはりこうはならないようにしなければいけません。

 

日頃から出品商品のメンテナンスをすることは重要

 

こういったキャンセルを防ぎ、ましてやアカウントにペナルティを受けることのないようにするには、日頃から出品商品のメンテナンスをしなければいけません。

 

メンテナンスというのは、買付予定であったショップに在庫がまだあるかどうかを確認し、売り切れていれば出品停止にしなければいけません。

 

サイズ展開のある商品であれば、一部のサイズだけが在庫切れになっていることもありますので、その辺りも含めてメンテナンスします。

 

また、為替の影響やセール価格などで、仕入れ値が変動していることもありますので、同時に確認し、訂正が必要であれば変更します。

 

この作業を日頃からすることで、取引のキャンセルを防ぐことができ、ご購入者様にご満足いただけたり、BUYMAからも優良アカウントと見てもらえるなどするはずです。

 

この作業を定期的に行い、優良ショッパーになって盛り上げていきましょう。^^

BUYMAカテゴリの最新記事