ブログ

アカウントが命です。

こんばんは。

今日は参議院選挙投票日でしたが、フェイスブックに

「投票行きますか?」

みたいなのが出てきたので、行きますを一旦押したんですけど、

よくよく考えたら少し違和感を感じたので、投稿はやめました。

それにしても、ネーミングセンスに突っ込みを入れたくなる政党が増えました(+_+)

 

BUYMAの話をしましょう。

BUYMAでお店を開いている以上、BUYMA様に従うのは当然のことでして、、。

BUYMAのお達しを聞かなかったり、見逃したりなんてしたら、アカウント生命の危機です。

せっかく、軌道にのってきたのに、、なんてことも通用しません、、。

残念ながら。

BUYMAは、ブランド商品のイメージが強いと思いますが、もちろんコピー商品はダメ。

コピー商品でないかどうか、買付先の領収書の提示を求められることもあります。

実は、BUYMAでは、出品を禁止されている買付先があります。

①主に日本人向けに日本語で販売されている国内ECサイト

はダメです。

例えば、楽天、amazon(日本)、Yahooショッピングなど。

これはなんとなくわかりますよね。

②利用者同士で商品を取引するCtoCサービスや個人が出店できるマーケットプレイス

もダメ。

要は、ヤフオクとか、楽天オークションなどのオークション系ですね。

③BUYMAの出品基準に満たない商品を販売している可能性が高いECサイト/店舗

その他、過去、BUYMAが鑑定してコピー商品が販売されていた、などBUYMAが認めていないサイトが25サイトほどあります。

詳しくは、BUYMAヘルプをたびたび見て確認してくださいね。

追加されていきますので!知らなかったは通用しないですよね。

ちなみに、

④amazon.com(sold by Amazon以外)

つまり、sold by Amazonは可ということです。

いかがですか?

自分のアカウントは自分しか守れませんよ。

BUYMAからのメールが、プロモーションフォルダに入ってしまう、なんて方は要注意。

日々BUYMAからの発信に注意していきましょうね。

それでは、また♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

『自分らしい働き方』ができる子育てママを増やし、幸せな親子を増やすことを使命とする。自らが、会社員をしながらの子育てとの両立に挫折し、退職した過去を持つ。収入や、やりがいの激減から、自宅のパソコンで独立。初年度から会社員時代の収入を大きく上回り、同様の悩みを抱える女性の『起業・副業』のサポートを行う。クライアントの心の声、内面に向き合いながら、『自らの心が喜ぶ生き方』と、ビジネスの両立を叶えるプログラムが人気。

カテゴリー一覧

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る