バイマで何から外注化すべきかを考える大事なポイント

バイマで何から外注化すべきかを考える大事なポイント

バイマでパーソナルショッパーとして活動をしている中で、情報収集をしていると「外注化」というワードが聞こえてくるかもしれません。

 

外注化って何?私にも必要?と思われている、バイマ初心者さんに向けて「外注化」とは何か?「外注化って必要なの?」という疑問について解説いたします。

 

外注化とは?

外注化とは、簡単に言いますと、自分でやらなくてもいい作業を外注する、ということです。「外注化」とか、「仕組み化」とか言ったりします。

 

外注と聞くと、なんだか難しいそうとか、お金がかかりそう、と躊躇してしまう方もいるかもしれません。ですが、現在は、外注を受けてくれる方を、オンライン上で募集ができますし、意外と難しくありません。

 

報酬面で言うと、利益の中から、少しずつお任せしていけば大丈夫です。

 

個人で受けてくださる方の中には、外で働くより自宅で働きたい、事情があって外で働けない、というような方も多く、個人対個人でつながれば、会社のマージンなどが入らないため、その分格安で見つけられることもあります。

バイマで外注化と言えば?

では、具体的にどんな作業を任せればいいの?ということになってくると思います。

 

まず、自分がしている作業を全て、書き出してみましょう。その中で、不得意なことや、これは人に任せたいな、と思うものがあれば、得意な方、できる方にお任せするのがいいと思います。

 

一概には言えませんが、私の今までの経験や同業仲間、生徒さんなどの事例から言いますと、

 

低単価ブランドを中心に、数多く販売する手法=いわゆる「薄利多売」系の販売手法の方は、ほとんどの方が、海外から届く商品の荷受け、検品、梱包、発送というような内容から外注化される方が多いのではないでしょうか。

 

というのも、こう言った販売手法の方は、1点あたりの利益が低額なことから、その中から外注さんへの報酬を支払うことになるため、どうしても手元に残るお金が少なくなりがちです。

 

ですが、上記のような、梱包発送のお仕事は、バイマの場合「無在庫販売」が認められているので、受注が入ったら買付(売れたら仕入れる)ていますので、売れないと、この発送のお仕事は発生しないんですね。

 

簡単な梱包、発送のお仕事なら、1件100円程度から受けてくださる方もいらっしゃいますので、流石に利益は確実に残りますよね。そんな考え方で、梱包、発送のお仕事から外注化される方が多いです。

 

では、「高利少売」の販売手法はどうか?というと、上記のように梱包のお仕事を誰かに依頼しようとしても、そもそもの依頼できる件数が少なくなるので、なかなか条件が合わないことが多いです。外注さんにトータルでお支払いする金額が少なくなりがちなためです。

 

それよりも、まず、出品作業から、外注化する方が多いように思います。

 

梱包発送の作業も、工夫をすれば、もちろん任せることもできます。他の作業と掛け持ちしてもらう、という手もありますので、もし誰かにお願いしたい場合は、工夫してみましょう。

 

また、海外在住の方とパートナー契約をして、海外で買付をしてもらったり、現地から日本へ商品を送ってもらう、という方も多いですね。

 

他にも、顧客対応だったり、買付だったり、色々なお仕事を順番に任せていくことができます。

外注化は必須なのか?

では、外注化は必須なのか?というと、必須だとは言いません。ですが、ある程度受注が増えてきて、利益が出てきたら、外注化することをおすすめします。

 

というのも、自分一人でできる作業量には、限界があるため、売り上げも頭打ちになってしまいがちだからです。

 

売り上げ規模を大きくしていくには、自分でやらなくてもいい作業は人にお願いしていき、自分の時間を生み出しながら、且つ、売り上げを上げていくと仕組みを作り上げることをおすすめします。

まとめ

結局のところ、何から外注化すべきなのかは、各々違ってくるのは当たり前のことです。バイマは、色々な攻め方がありますので、どれが正しい、間違っている、もありません。その中で、自分が実際に攻めている方法、戦略から考えてみることが大切です。

 

また、自分自身、何が得意で何が不得意か、何が好きで何が嫌いか、を考えてみる、ということもとっても大事なことですので、あらためて振り返ってみて、何から人に任せるべきなのか、どこから外注化すべきかを考えてみてください。

 

 

今日も頑張るママを応援しております!

BUYMAカテゴリの最新記事