「保育園に落ちて入れない」から働けない時の収入の作り方

「保育園に落ちて入れない」から働けない時の収入の作り方

こんにちは、永津晴代です。今年も、SNS界隈でよく見かけます。保育園に入れない問題。

 

特に、今年よく見かけるのは、待機児童ではなく、「保留児童」トラップにはまってしまったという方も多いようですね。待機児童ゼロと聞いたから引っ越した、とか家を建てた、なんて方も中にはいるようです。

 

そもそも、家を持つことのリスクというのも気になりますが、その話はまた別の機会に。それにしても、いつになったら子育てしやすい環境、ワーママに優しい環境が作られるのでしょうか。「保育園落ちた死ね」問題から、もう何年も経ちました。状況が大きく変わったとは言えなさそうですよね。

 

私の結論を先に言ってしまうと、常々言っているのですが、日本は数年で変わらない国(法律や財源、仕組み含め、変えられない国)だから、「自分で何とかしましょう。」です。

 

え?国や地方、会社がどうにかしてくれるんじゃないの?なんていつもまでも思っていたとしたら、自分と家族が損をしちゃいます。

 

まあ誰でも実際に自分が保活してみて、気づくものだとは思うんですが、その時点で、これからどうにかしてください!だと、下手をすると、まもなく小学校、はい、また小1の壁、なんてこともあり得ないとは言えません。

 

じゃあそれまで、仕事できない状態で待っていればいいのかというと、個人的には、それも違うのかなと思います。

 

なるべく子供の行きたい学校へ行かせたあげたい、子供に学費の負担をかけたくない、習い事や塾代、子供が片付いたら自分たちの老後、、と考えていくと、お金は恐ろしいほど必要です。

 

少しでも作れるときに、作っておきたいものですよね。

 

私自身、当時、娘が満1歳で半年、認可外保育園に預けて、その後すんなり4月には認可に預けられました。とはいえ、その保育園は自宅から近いという理由で入園させたのですが、17時過ぎには園児がほとんどいなくなってしまうという幼稚園のような保育園でした。今思えばだからすんなり入れたのかもしれません。他にも色々と不便なことあったり、逆に教育に力を入れてくれたりで、一長一短だなという印象でした。

 

とはいえ、私は大手百貨店の社員でしたので、子供が満3歳になって、育児時短勤務からフルタイムに戻るとものすごく大変で、というより保育園ではどうにもならず、子供は両親に任せ働いていました。最近は「ベビーホテル」泊まり込みの保育園の情報もチラホラ目にしますので、人によっては状況は過酷極まりないなと感じます。誰しも私のように両親に預けられるわけではないですし、私のように両親に預けているにも関わらず、娘の精神的な問題で退職を決意することになる場合もありますので、できる対策はしておきたいものです。

 

話しが少しそれましたが、私の場合は、たまたま、デパート社員からパートに切り替えて、それだけでは満足できず、副業を探していて流れで、在宅で事業を始めました。事業を始めるなんて私にできるのかしら、と思う方もいると思いますが、そんなに大げさなことではないです。

 

今はリモートワークでできる仕事も増えました。まずは、会社にリモートワークでお仕事できないかお願いしてみるのもアリだと思います。とはいえ、そんなに柔軟に対応してくれない会社も多いと思います。とりあえず転職、と大げさに考えなくても、フリーで誰かのお仕事を手伝い報酬を得ることも可能です。

 

お仕事として受けるならクラウドソーシング

クラウドワークス、シュフティ―、@SOHOなど、クラウドソーシングと言われるサービスが盛んになっています。

 

在宅にいながら、パソコンやスマホなどを使ってできるお仕事を単発から受けることができます。ほとんどのものが無料で登録できますし、インターネットを活用したリモートワークを実践しながら学ぶこともできます。

 

子供が寝ている間に、遊ばせている間に、とかちょっとした時間を自宅で作ってパソコン作業などをすることで、お金を稼ぐことができます。

 

まずは、元々もっているスキルを活かせるのが一番いいですね。もし、特に見当たらない、という方は単純作業、タスク作業などもありますので、少し単価は安くなりますがそういったものから始めるのもいいと思います。契約相手によっては、丁寧に仕事の進め方を教えてくれますので稼ぎながら、成長できます。うまく活用してみて下さい。

 

そうこうしていると、在宅って働きやすいな、となって資格などを取得してみようかな、という方もいるでしょう。また何かしらのノウハウを身に着けて私のように独立するのもいいと思います。今はお金がなくても、リスクを限りなく抑えて事業を始めることができる時代ですので、利用しない手はありません。

 

他にも、まずは、不用品をフリマアプリで販売してみる、自己アフィリエイトやポイントサイトを活用してみる、などとりあえずお小遣いやちょっとした種銭を作ることは可能ですので、取り組んでみると面白いですよ。会社にこだわることないかも!と思えるかもしれませんので、チャレンジしてみて下さい。

働くママカテゴリの最新記事