小3ママ【在宅フリーランス】朝型シフト1日のスケジュール

小3ママ【在宅フリーランス】朝型シフト1日のスケジュール

こんにちは!永津 晴代です。

 

最近、早寝早起きの習慣が定着してきまして、気持ちいいほど仕事がしやすいので、そのスケジュールについて公開したいと思います。

 

平日の場合の1日のスケジュール

5時 起床 ※30分で身支度
5時半 メルマガやブログの執筆
7時 子供起床&朝食はさっと済ませて家事 ※小テストがある時は一緒にチェック
7時45分 登校
8時 コンテンツ作成、クライアントとのオンラインコンサルなど
11時 昼食 ※たまには近所でランチ
12時 物販事業など
15 or 16時 子供帰宅 習い事の送り迎え、宿題などのチェック
17時半 夕食の準備
18時 夕食は子供と一緒に。その後家事
19時半 入浴(お風呂掃除は子供) その後、支度
21時 子供と一緒に就寝

 

7.5時間睡眠で快適。旦那さんは仕事からの帰宅が遅かったり当直があったりですので、家事などは、あまりあてにはできません。

 

こんな生活です。この合間合間に、入ってくるのが、

 

ちょっとした家事
物販ビジネスの指示だし
クライアントへのアドバイス
SNS書き込み
情報収集

 

などです。

 

私の場合は、物販ビジネスの関連で、海外在住のパートナー(特にヨーロッパ)とのやり取りが必要になります。

 

基本的には秘書さんが動いてくださっていますが、フォローが必要な時、少し夜にずれ込むこともありますが、なるべく寝る時間が遅くならないようにして、翌朝5時に一度チェックするようにしています。

 

そうしますと現地時間で、夜9時ぐらいなので、迷惑にもなりにくい時間かと思いますし、返信も即レスで帰ってくることが多いです。

 

もちろん、がっちりこの通りには行かない日もありますが、このタイムスケジュールが理想です。

 

理想を貫くポイント

私が数年経験してきて、わかってきたポイントは、返信のレスを即レスしていると、スケジュール管理が難しくなる、ということです。特に、寝る頃ですね。

 

友人などは、まあ翌日でもいいとして、「仕事ができる人は即レス」みたいな、変な習慣がある人がいるので、要注意です。そんなものは、時と場合によります。

 

こちとら、子供との時間をとるために、わざわざ会社を辞めて、フリーランスしてますのに、営業時間外に即レスを求められても、って話になってしまいます。

 

ですので、どうしてもこの人には、という相手には、普段から自分の営業時間を伝えておく、というのも大事かもしれませんね。

 

私も、開業当初は、睡眠時間を削って利益をあげ、仕組みをつくることにかなりの時間を注いでいましたが、最近ではこういった、普通の働き方ができるようになっています。

 

ちなみに、開業当初は、基本的に上記のような働き方になると思いますので、そこは心してください。

 

早朝5時半から仕事をしている時点で、ある意味普通ではないですが、子育て主婦にとっては理想ともいえる働き方ではないでしょうか。

 

正直…毎日7.5時間ほど、真剣に集中して仕事をしていて、それなりの報酬がいただけない、というのはちょっと考えにくいかなと思います…

 

もし、それだけやっているのに成果がでない、という方は少し内容を再考してみたほうがいいかもしれません。

 

それでは!

働くママカテゴリの最新記事