正社員からパートになり 後悔どころか人生が好転した 私の体験談

正社員からパートになり 後悔どころか人生が好転した 私の体験談

この記事では、子育てをしながら会社員として「しっかり働く」ワーキングマザーだった私が、両立に悩みながらも、子供が5歳になるまで会社にしがみつき、結局は、希望退職することを決め、同じ会社でパートに切り替えたものの… そこから予想もしていなかった働き方になり、「人生が好転した」体験談をお話しします。

 

私が会社にしがみついていた理由

私は地元の短大を卒業後、新卒で大手デパートに入社し、15年ほど勤務していました。会社は実績も好調な会社で、20代の頃は、絶対会社を辞めないでおこう、このまま定年まで働こう、と特に資格をとったり、スキルアップするなどの努力もせずに、ただなんとなく会社に通う毎日でした。

 

 

ですが、アラサーになり、結婚をし、32歳で女の子を出産。

 

子供が満1歳で職場復帰、時短勤務を2年続け、満3歳になった日からフルタイム勤務に。

 

実家が近いので、両親にもお願いしながらでしたが、残業も多く、シフト制のため保育園が休日の日に出勤という事も多くありました。

 

もちろん、子供が熱を出せば、病児保育に預けてました。1歳の頃からですね。

 

そして、紆余曲折ありながら、子供が5歳になった時、ついにやめる決断をしたんですが…

 

 

そもそも、どうしてそんなに会社にしがみついていたかと言えば、自分に自信がなかったんだと思います。

 

5歳の子供がいて、学歴も大したものはなく、特別な資格もない。そんな私が、総合職で15年勤務していた時のお給料と同じお給料をもらえるわけもなく、、、

 

運よく会社員として転職できたとしても、お給料は激減するでしょうし、結局は子供が病気になれば急に休む事になるわけですし。

 

それに子供が、小学校入学を目前に控えていましたので、いわゆる「小1の壁」も立ちはだかるわけですから、結局はパートに落ち着く流れは目に見えていました。

 

特別な資格もない私が、パートで働くといっても、時給はせいぜい1000円程度だとわかっていましたし。

 

それが自分の市場価値とわかっていたんですね。だからこそ、会社を辞められずに、しがみついていたんだと思います。

 

時給 950円へ 激減したことが悔しくて

ですが、結局のところ、会社で希望退職をして、パートに切り替えたわけですが、経験は関係なく時給950円です。どこか、悔しくもあり、寂しくもありました。

 

これは会社のせいでもないかなと思います。旦那さんの扶養の範囲内で働こうと思うと、働く時間から逆算すると、どうしてもそのぐらいの金額になってしまいます。

 

それでもなんだか切ないですよね…

 

ですが、私はこの時、収入が激減したことをバネに、リスクのない「在宅でできる自営業」にチャレンジする事にしたんです。

 

 

もちろんゼロからのスタートですから、時間は必要でした。ですが、元々は会社で残業をして、夜中の0時前まで働いていた事もあったぐらいです。

 

それが、自宅で働けるわけですから、なんてことはありません。最初は旦那さんに助けてもらったり、子供が寝てから自宅のパソコンに向かったり、というハードなスケジュールではありました。

 

それでも、初めて半年ぐらいで、会社員時代のお給料を超えて、業績が好調だった会社の「ボーナス」レベルの収入を得られるようにもなりました。

 

つまり、私はパートに切り替えたことで、時間を生み出して、自宅で会社員時代と同等以上の収入を得られるようになったんです。

 

自営業なんて私にできるの? 結論、誰でもできます。

自営業といっても、大それたものではありません。

 

オンライン上でファッション、アパレルの買付代行をするお仕事なので、在庫を持つリスクもありません。特別なコネクションがなくても(お客様から注文が入ってから)「消費者として店舗から買付けする(仕入れ)だけ」です。

 

 

頑張り次第で「誰でもできるようなビジネス」でも、しっかり収入を得られるようになったわけですから、「パートに切り替えて本当によかった。」と今は、心の底から言えます。

 

結局、パートは契約期間の1年で卒業しました。あれから3年経っていますが、未だに自宅で小学低学年の子供の帰宅を待ちながら仕事をしています。

 

私の働き方は、しっかり働きたい、しっかり収入を得たい。でも、子育てもあるし、、という方にはぴったりの働き方だと思います。

自営業のデメリットはないの?

上記の通り、自営業といっても、あらかじめ商品を仕入れるために資金を用意したり、店舗を借りる資金を用意したりするわけではないので、ほぼデメリットはありません。

 

もしあるとするならば、「売れる商品がわからず、売れない。=収入にならない。」ということがあるかもしれません。

 

実は、売れる商品というのは、探し方(リサーチ方法)があるので、それさえ知っていれば、特別な知識がなくても売ることができます。

 

それでも心配でしたら、最初は過去の私のように、パートの副業からのスタートでもいいと思います。極端なことを言えば、売れなかった場合、何もお金はかかりませんので、マイナスになる事もありませんので。^^

まとめ

恐らくあのまま必死に会社員として、毎日を忙しくしていたら、こういう働き方がある事にも気づいていなかったかもしれませんし、もしかしたら、目を背けていたかもしれません。

 

あの時、子供の保育園の登園拒否や、同僚のワーママが出社しなくなったなどの、色々な出来事が重なり、はっと気づくことができました。その頃、気づかず今もあの頃の働き方を続けていたかと思うとゾッとします。

 

もし子供を育てながらの働き方に悩むことがあるなら、是非、知ることから初めて欲しいと思います。

 

参考:会社員を辞める決断に至った経緯について【プロフィール】

参考:子育てしながら在宅でできる!初心者から始める「アパレルウェブ販売」とは?

元会社員ママカテゴリの最新記事