時間を生み出すための「外注化」という発想

時間を生み出すための「外注化」という発想

こんにちは、ナガツです。

今日は、「外注化」というテーマで色々お話ししたいと思います。

 

そもそも外注化って何?という方に、ご説明しますと、

「自分でやらなくても同じ結果が得られる作業を、他の人にやってもらおう。」

もしくは「自分より得意な人にやってもらおう。」という考え方で、要は他人に作業的な仕事をお願いしようというものです。

 

ちなみに私がしている外注化は、

・ネット物販(バイマ)の作業 出品作業、運営全般、買付、荷受け・検品・梱包発送作業

・ブログの構成アレンジ(以前のバージョンです。)

・経理関連の処理(税務申告など含む)

あたりを外注化しております。

 

これらをお願いするだけで、とんでもなく時間が生れます。

もちろん、最初からすべてを外注化したわけではありません。少しずつです。

 

もちろん、そこに報酬が発生し、タダではないので、その生み出した時間を有効に使わなければいけません。

 

「お金もない、時間もない。」

残念ながら、ただ言ってるだけでは何も解決されませんので、外注化を考えてみるのもいいと思いますよ。

 

外注化の手順① 作業の洗い出し

まず自分の1日を振り返ってみましょう。

 

スケジュールの中で、「この作業は、私がやらなくてもいいのではないか?」ということを、洗い出してみてください。

 

その中でどこなら外注化できるか、考えてみましょう。

 

人それぞれだと思います。

 

仕事も家事も育児も、自分的には、ここが一番こだわりないなという箇所や、自分より得意な人がもっといるだろうな、という箇所から外注化するといいですね。

 

外注化の手順② 外注さんを募集してみましょう

 

そもそも外注さんってどこで募集すればいいの?と思われるかもしれませんが、今は本当に色々あります。

私が使っているものをご紹介しますね。

 

オンラインでの作業ならクラウドワークス

 

→ サイトはこちら

 

クラウドワークスは、日本最大級の「クラウドソーシングサービス」です。

 

インターネットを活用することで、世界中の企業と個人が直接つながり、 仕事の受発注を行うことができます。

ちなみに、世界中って大げさなと思うかもしれませんが、本当に世界中なんですよ。

 

実際に私も、ここで、10か国以上の方と出会いました。(もちろん日本語通じますw)

 

ブログの詳細を編集してもらうのも、こちらでプロの方(ウェブデザイナー)にお願いしました。

 

こちらでお仕事を掲示しておくと、お仕事をしたい方からのエントリーがあります。

 

個別メッセージでやりとりできますので、直接やりとりしてみてくださいね。

 

外注化の手順③ 報酬の支払い

もし、仲介を通さず、外注さんに直接お仕事をお願いすのであれば、報酬は基本的に請求書払いがおすすめです。

 

といいますのも、特に事業に関してのお仕事をお願いするときは、きちんと「外注さん」という扱いで支払いをしないと、自分が雇用主になってしまいます。

 

例えば、源泉徴収票を発行したりしないといけなくなってきてしまいます。

 

そうなってきますと、雇用保険はどうだとか税金面はどうだと、こちらサイドのお仕事になり、責任の有無はどうだ、という話になってきますので、しっかりその辺りを整えなければなりません。

 

逆に、きちんと相手の方に、独立した外注さんとして請求書を発行してもらい、それに対してお支払いをすれば、とても簡単ですので、相手の方に了承がもらえれば、この形式がおすすめです。

 

その際、請求書を発行することが簡単にできれば、了承していただきやすくなるわけですから、私は相手の方に、簡単に作成できるフォーマットをご紹介しています。

 

・MISOCA

 

私は、こちらを利用して、請求書をPDFで作成してもらい、専用アドレスに締め切りまでに送っておいてもらいます。

 

そうすれば外注さんが数名いても、専用アドレスにアクセスすれば、一括して請求書を確認でき、支払いがスムーズに行える、という仕組みを作っています。

 

専用アドレスに送っておいていただく時に、件名に 〇年〇月請求書 (お名前)とするようにお願いしておくと、後から検索をするときもスムーズです。

 

今回は時間を生み出すための外注化作戦ということで、外注化についてご紹介しましたが、特にビジネス部分で、SOHOさんに外注化する場合の仕組みつくりや、契約書関連など、まだまだお話しできるところがあると思いますので、後日アップしていきますのでお楽しみに。

 

マインドカテゴリの最新記事