リアルな情報のためのリアルな話

ご無沙汰してます、、。

数日あいてしまいましたが、皆さんはどんな夏休みをお過ごしですか?

私はというと、つい1週間前に、
旦那さんが1泊で旅行に行くぞ!
となりまして、こんな時に在宅起業は、
仕事がなんとかなるように見えますから、
いいような悪いような、、。 笑

 

私だって、遊びに行きたいですけど、
やっぱり考えちゃいますよね、、
8月はすでにイベントでスケジュールは
カツカツです、、。 泣。

とはいえ、旦那さんの親友家族と行ったのですが、
やはり普段会わない人と会うというのは、
違うなーーーと思いましたね。

 

というのも、相手の奥様は妊娠中で、
炎天下の中、海水浴場の浜辺で1日はあまりにも過酷すぎる、
ということで、近くのカフェで、
私と2人で話してたんですね。
子供達は旦那さん達に任せて。

 

今までは、
ほとんど彼女とお話ししたことがなかったんですが、
数時間話しているだけで、
本当に自分が知らないことがたくさん聞けるんですよ。
彼女は、公立中学の教師なのですが、
現場のリアルな情報です。

 

例えば、
彼女の勤務地は外国籍の生徒が多いらしいんですよ。
もちろん、ご両親も外国の方なので、
日本語が通じないお母さんも多いそうで、

保護者会にいつも通訳さんがくるらしいんです。

もちろん学校側が手配するんですけど。
家庭訪問も通訳さんが同行。
重要な書面は、事前に翻訳に出すとのこと。
私にしたら、そんな現状、全く知らなかったので、、
衝撃だったんですね!!
自分が通っていた中学校ではもちろん
ありえませんでしたし。
(時代が違いすぎるけど)

 

あと、これは少し聞いたことがあったんですが、

幼いころに親の事情で、

日本に住み始めた外国の子供たちの母国語が、

(生まれた地の言葉=母親が家で話す言葉)

きちんと話せていないということも多いらしいですね。

日本で仕事がないなら、祖国に帰ればいいやが通じないらしいとか。

祖国の方が仕事がなかったりすることが多いので、

言葉がカタコトでは仕事がないとか。

(小さいころから、がっつり日本語と日本のマナー&教育を仕込んで、

日本人にしてあげればいいのに、、、これは私の意見です。)

 

まあ、他にも現代って6人に1人の子供が貧困とかいうので、

その辺のところも気になって色々話したりしてたんですけど、

それにしても、その30数名の1クラス、

いろーーーんな背景の子供がいますよね。

 

町医者の子供がいたり、外国籍の子がいたり、

食生活にも困っていて給食の栄養が頼り、みたいな子もいるはずなわけで。

 

でも、別にこの情報って、私にしたら、
衝撃ではありましたけど、
まあ直接的には関係ないでしょうか、、

シングルマザーの母子家庭のお母さんにBUYMAを副業として

教えてあげられることぐらいでしょうか。 (←これ重要だわ)

まあ、いずれは自分の子供も

そういう色々な背景の子供たちが集まった1つのクラスで

毎日を過ごすわけですから、他人事ではないんですけどね。

 

でも、今回思ったのは、やっぱりリアルな情報って、

リアルに会って話さないと入ってこないんだな、
と再認識しましたね。

 

私は、在宅起業と言っても、
グループコンサルに所属していたり、
コミュニティに参加したり、
なるべく人とリアルに会って、
情報収集だったり、
刺激を受けたりしようとしているんですが、
そいういう私も、最初はその意味が全然わかりませんでした。

でも、色々学ぶようになってからは、

なるべく参加できるところは参加しますし、

ここぞ、というときは、絶対に参加します。

実際にリアルに参加するようになってから

実績は伸びましたしね。

だから、よく稼いでる方が言う、

リアルに会わなきゃだめ、積極的に参加して、

っておっしゃるんですよね。

 

ということで、今月は、名古屋から東京に2度ほど
行ってきますね。
リアルに会いに行って、
リアルな情報を仕入れてきます!

それでは♪

追伸
先日、素敵なリアルなコニュニティの記事を
発信したところ、反響があり、
お問い合わせを何件かいただきました。
気になられる方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

先日の記事 → ~ステラ情報発信コース☆名古屋ナイト~

会社と育児の「両立挫折ママ」が資金ゼロから始めた在宅バイヤー 
"在庫を持たなくてもいい"ファッション輸入ウェブ販売【BUYMA】

メールマガジンご登録で、わかりやすい解説動画をプレゼントしています。

↓メールアドレスを登録

 
↓女性起業家ブログランキング・応援クリックお願いいたします!


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP