shutterstock_342247289

多種多様になったワーママの働き方~世帯収入減に副業という選択

今日は、昔ながらの友人に会ってきました。

私のFacebookプロフィールを見て、副業でBUYMAを始めたいとのこと。

家族構成は、旦那さんが会社員、奥さん(本人)会社員、娘ひとり(1歳)。

新築のマイホームをローン購入し、ごくごく普通の家庭です。

それでも親に少しでも仕送りしたい、とかって言ったら、結構たいへんですよね。

月に2~3万円でもプラスになれば、サラリーマンのお小遣い程度だったりします。

そういう時にBUYMAは威力を発揮します。なにせ無在庫販売、資金が不要!

今日はワーママも副業をする時代になったということで、色々な女性の働き方についてまとめてみました。

正社員(正規雇用)

大手企業や、一般的な企業であれば、出産休暇、育児休暇、育児時短勤務などの制度も、

さすがに今時整っているのでしょうね。

それでも、残業ができないなど、周りの目は気になるもの。

部下だったり、非正規雇用の方が周りにいたりすると、なおさらのこと、ストレスを感じることも多いですよね。

いいんですよ、会社は何とでもまわりますから。(自論)

それよりも、お子さんのケアと自分自身の心身ケアを忘れずに。

ちなみに私は挫折組ですが、、のち成功組です♪

契約社員、派遣社員など(非正規雇用)

この働き方をされている主婦やワーキングマザーも多いのではないでしょうか。

派遣社員などでしたら、残業なしで、スパッと定時で帰れることが多いとは思います。

でも、今時は契約社員なんかですと、以前の正社員並みに残業がある職場も意外に多いのかなと思います。

正社員よりボーナスが大幅に少なかったり、福利厚生が整っていなくても、

副業は認められない、というような企業もおそらく多いと思います。

そんな働き方ならば、一番収入的にも、時間的にも自由がなさそうな気がしてしまいます。

実はこれからの新しいワーママスタイル? 「パート雇用×ネット副業」

女性も総活躍と言っても、まだまだパート雇用で働くワーママも多いと思います。

しかし、今後扶養控除の問題で、世帯の実質収入が減ることを思うと、働き方を変えたくても、

子供が保育園や学校から帰宅するまでに家に帰っていたい、という方も多いようです。

そうなってくると、やはり「子供が寝てる間に」ではないですが、

自分が自由に仕事できる時間(早朝や夜など)に在宅でできる仕事となると、

昔の内職と違って、何かを作ったりするわけではなく、ネットを使った副業が働きやすいとなるわけですね。

在宅ワーク、ネットを使った仕事=内職orビジネスか

ネットを使ったクラウドソーシングを利用した仕事をする、というのも一つです。

クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、

受注者の募集を行うことです。

有名なサイトで「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

それらの募集サイトで仕事を探して、契約し仕事をします。

ですが、よほどWebデザイナーなどの知識、資格があるとか、手に職がある人以外は、報酬に限界があります。

時給にすると200円~300円というデータもあります。

そう思うとちょっと凹む気がするのは私だけでしょうか、、。

そこで、もうワンランク上を目指そうと思うと、ビジネスはどうか、という話になります。

とはいえビジネスというと、少し身構えてしまう方も多いと思います。

そこで私のお勧めは、

ファッションに特化したインターネットショッピングサイト「BUYMA」での輸入販売ですね。

自分でネットショップを一から立ち上げるわけではなく、BUYMAという建物の中で、

自分のセレクトショップを開店するようなイメージです。

クレジットカードがあれば、資金ゼロで始められますし、無在庫販売が認められているサイトで、

在庫を持つリスクがありません。輸入といってもそんなに難しいものではありませんよ。

つまり、注文が入ってから仕入れを行うということですね。

BUYMAできちんとしたノウハウでしっかり取り組めば、副業でも月に10万円は稼げますよ。

また、もっと利益をあげたいならば、運営を少しずつ外注化していくと、さらに利益を拡大することもできます。

そうなってくると、正直、パートに行っている時間がもったいなくなってきますけどね、笑。

育児休暇を利用してみるのもおすすめ

「わたしって、職場に復帰して、以前のように仕事が続けられるのかしら」と思ったらチャンスです。

育児休暇は長いところだと3年ぐらいあるところもありますね。

特に初めの1年ぐらいは、子供がお昼寝もしっかりしてくれて、少し時間がある時があります。

そんな時にネットビジネスを始めてみましょう。

まずは、不用品販売からチャレンジ!

ヤフオク(ヤフーオークション)で0円出品から始めるか、

子供の着られなくなった洋服などでしたら、手軽にメルカリ(フリマアプリ)でもOKです。

まずは、ネットで物を売るということを体感してみてください。

意外にいい値段で売れるものがあったり、まとまるとそこそこいいお小遣いになったりして、

ネットで販売するとはこういうことか!とわかるものです。

家族の不用品がなくなったら、実家の不用品まで売る人もいますね。笑

これは家も片付きますし、ホントにおすすめ。

これがまとまって月に30万円ぐらい利益を出す人もいるので、侮れませんよ。

ひと通り流れがわかると、そのあとBUYMAのように、実際にショップとして運営し、

仕入れをして販売するという流れがつかめますし、手ごたえをつかめると思うので、復職するよりいいかもしれませんよ。

個人的にはあまりおすすめしないママのプチ起業

ママのプチ起業ブームの昨今ですが、内容によっては、本当に収入を得たい方にはおすすめできないものがあります。

その内容で私が個人的に気になるのは、何か物を作って販売したり、それを教えたりという方。

結構多いようなんですが、(もちろんそれでしっかり稼いでいる方もいらっしゃるとは思いますが)

とりあえずちょっと真似してやってみようでは、おそらく収入につながりません。

手作りが趣味という方も多いと思いますので、なんとなくやってみたくなりがちですが、

自分ひとりで作成することを考えてみてください。

1点あたりどれだけの時間を要して作成するか、ということを考えると、

作成できる量というのは限界があり、しっかり稼ぐには1点あたりの単価をあげないといけません。

手作り商品を販売するサイトminne(ミンネ)などの商品単価を見ていると、

これは材料費にプラス利益はどのくらいとれているのか?と思う商品が結構あります。

となると、自分で商品をブランド化できること(商品の価格を上げても売れる力)や、集客力など色々な知識が必要になります。

もちろん趣味だから、という理由ならとっても素敵なことですが、それだけで利益を得ようと思うと、結構難しいのではないでしょうか。

正しいノウハウさえ知っていれば「仕入れて売る」ことの方が実は、稼ぎやすいんですよ。

まとめ

今ワーキングマザーの働き方は多種多様になってきています。

仕事をしていつまでも輝いていたい、お金がほしい、お金が必要など。

働く理由はさまざまですが、子育てママであると、

やはり、まだまだ子供としっかり向き合いたい、周りに預けられる人がいない、など、

働き方を変えるしか手段がない場合も多いです。

せっかくインターネットを使った働き方ができる時代、これを利用しない手はないような気がします。

私自身もこの働き方をして、会社員の頃の収入に戻しています。

是非知ってみて、チャレンジしてみてください。

ご相談も受け付けていますので、お気軽にメッセージくださいね!

資金ゼロから始めるリスクの少ないビジネス 在庫を持たなくてもいい【BUYMA】

あなたも「稼げる在宅ワーク」始めてみませんか?

↓メールアドレスを登録

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP