仕事も子育ても楽しみ尽くす♡コンサルタント/ウェブママバイヤー

バイマ(BUYMA)売れない人がするべき対策・キーワード編

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ファッション通販サイト”BUYMA”で活動するウェブママバイヤー。 パソコンとWEBを使って収入を得る ほぼ在宅、時にはカフェでノマドする自由なワークスタイル。 フルタイム会社員と子育ての両立に挫折した過去を持つ。 働き辛さを感じる女性達に、自分と同じような働き方をお伝えしたく活動している。 プライベートでは甘えん坊の小2の女の子のママ。

日々忙しい中で、バイマに取り組んでも、なかなか反応がない時って、心が折れそうになりますよね。モチベーションはなんとか保っていたとしても、そもそもどうしたらもっと売れるようになるのかわからない、という方もいらっしゃると思います。

 

今回は、どんなことを改善したら、もっと売れるようになるのか対策がわからない初心者向けに、商品ページに盛り込む「キーワード」について解説していきたいと思います。

 

今回のキーワードについては、バイマだけでなく、ネットショップや、メルカリ・ヤフオクなどのネット物販全般にも応用が効きますし、ブログを書かれている方で、普段キーワードを気にせず書かれている方にも、参考になりますので、是非最後までお読みいただければと思います。

そもそも「キーワード」とは?

ここでは、お客様がバイマ上(ネット上で)で欲しい商品を探す時に「検索するキーワード」のことを言っています。

 

例えば、お客様が「コート」を探されている時は、グーグル検索をしたり、バイマの中で「コート」というキーワードを検索窓に入力して検索したりしますよね。

 

その時、「コート」だけではなく、探されているコートがムートン素材のコートだったとしたら?

 

検索窓に「コート ムートン」などと入力し、検索しますよね。

 

ですから、「コート」というキーワードと関連のある「一緒に検索されているキーワード(この場合は、ムートン)」をきちんと商品ページの文章内に盛り込むことができれば、お客様が商品を探してキーワードで検索された時に、該当の商品ページがヒットし検索結果に表示されます。

 

また、ある程度、需要のあるキーワードがわかれば、出品する商品カテゴリーやデザインなどのリサーチにも役立ちます。

 

ただ、はじめはどんなキーワードを元にお客様が検索されているのか、どんな商品に需要があるのかが、わからないことも多いと思いますので、まずはこんな風に探してみるといいですよ。

バイマ内で需要のある「関連キーワード」の探し方

例えば、バイマのトップページの検索窓に、「コート」と入力してみると、関連のキーワードが予想として表示されます。

こちらに関しては、「一緒に検索されているもの」という正式な発表はないと思いますが、バイマ側が「検索予想」として表示させているものだと思いますので、ある程度の需要があると考えていいと思います。

 

また、このまま「コート」と入力し、検索すると、

「一緒に検索されているキーワード」として、バイマ自体が教えてくれています。

 

ここに出てくるキーワードに該当する商品ページに、きちんとキーワードは盛り込めていますでしょうか。タイトルでも商品コメント内でも大丈夫です。

 

実は意外と、ここが抜けていることで、お客様が検索された時に商品一覧にヒットせず、売り逃していることもあるんですよ。^^

ワンランク上のテクニック ググってみる

ここからは、バイマだけでなく他のサイトやブログなどでも参考になるお話です。

 

バイマ以外の場所でも、検索需要のあるキーワードを探すことができます。

 

例えばお手軽なのが、グーグル検索です。ググってみましょう。

 

この時、どうしても自分のいつも検索する履歴のキーワードが残っていたりしますので、なるべく右端上のツールバーにある3つの点から、「シークレットウィンドウ」で新しいウィンドウを開くといいようです。

ここで、例えば「ドレス」と検索してみます。結果が表示されたら、下の方にスクロールすると、

 

このように「関連する検索キーワード」という風に、検索需要のあるキーワードが並んでいるのを見たことがあると思います。

 

ここに「ドレス」と相性のいいキーワードが並んできます。

 

また、ここから更に数珠つなぎに検索していくと、どんどんキーワードが見つかってきますので、それらのキーワードを該当商品ページに盛り込むことができると、お客様が検索された結果に表示され、お客様の目に触れる機会が多くなる、つまり売れる可能性が高くなるということになるはずです。

バイマ上での注意点

バイマでは、無意味なキーワードの羅列はルール上、禁止されています。

 

無意味なキーワードの羅列というのは、インスタなどでよく、「#(ハッシュタグ)+キーワード」が、沢山羅列されているのを見たことがありませんか?

 

こんなイメージです。

 

検索にわざと引っかかるように、とにかく検索されそうなキーワードをただただ羅列するやり方です。
最近はあまり見かけなくなりましたが、バイマ上でも以前はよくありました。

 

もしかしたら、商品に該当しないキーワードまで盛り込んだりする方がいたのかな?

 

兎にも角にも、基本的にバイマでは禁止です。

 

ただ、うまく羅列したいキーワードを文章にして見せたり、不自然ではない書き方をしているバイヤーさんもいらっしゃいますので、リサーチしてみてくださいね。

まとめ

バイマで受注をとっていくには、いかにお客様に商品ページを見てもらうかがポイントになります。

 

キーワードを盛り込む、タイトルや商品コメントの表現は、他のバイヤーさんと差をつけることもできる部分ですので、是非しっかりリサーチし、自分の商品ページに生かしてみてください。

 

バイマに限らず、インターネット上でビジネスをする上で、需要のあるキーワードを盛り込んでいくという考え方は、大事な考え方ですので、リサーチしつつ、ご自身のビジネスで応用してみてくださいね。

 

関連記事→バイマ(BUYMA)売れるリサーチ&出品 「タグ付け」 解説動画 

 
↓ 応援ありがとうございます!女性起業家ブログランキング・応援クリックお願いします!


にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ


この記事を書いている人 - WRITER -
ファッション通販サイト”BUYMA”で活動するウェブママバイヤー。 パソコンとWEBを使って収入を得る ほぼ在宅、時にはカフェでノマドする自由なワークスタイル。 フルタイム会社員と子育ての両立に挫折した過去を持つ。 働き辛さを感じる女性達に、自分と同じような働き方をお伝えしたく活動している。 プライベートでは甘えん坊の小2の女の子のママ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 永津晴代 オフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.