仕事も子育ても楽しみ尽くす♡コンサルタント/ウェブママバイヤー

バイマ実践者による~失敗しない「ネット物販ビジネス」 解説

 
  2018/11/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ファッション通販サイト”BUYMA”で活動するウェブママバイヤー。 パソコンとWEBを使って収入を得る ほぼ在宅、時にはカフェでノマドする自由なワークスタイル。 フルタイム会社員と子育ての両立に挫折した過去を持つ。 働き辛さを感じる女性達に、自分と同じような働き方をお伝えしたく活動している。 プライベートでは甘えん坊の小2の女の子のママ。

「会社員に比べるとリスクが高くなる」と思われがちな、 自営業・フリーランスですが、個人的には1つの会社に収入を依存することの方が、リスクが高いと考えています。

 

今時、東芝だってシャープだって、景気が悪くて大幅なリストラをする世の中ですし、副業が解禁と言われるようになったのも、会社が「従業員の生活、収入をもう保証できませんよ」と言っているようなものだと思っています。

 

これって海外だと結構普通のことだったりするみたいですね。複業するのが当たり前、みたいな。年金の運用なども同じですけど海外は「自己責任」という考え方がメジャーな考え方だと聞きます。

 

となると、自分の継続的な収入や資産=お金について、自己責任でしっかりと考えていくことが、大切になってくると思います。

 

なんですが、、、そんなこと急に言われてもどうやって収入の柱を増やしていけばいいの?と思うかもしれませんが、私のようにインターネットを使えば、新しい収入の柱を作ることは、誰でも可能です。

 

ただし、巷によくあるワンタップで月収30万円、とか1日30分の作業で月収50万円、とかそんなものは詐欺ですので、注意してください。

 

と言っても、近いような仕組みを作り上げることは可能ですので、是非最後まで、記事を読んでみてくださいね。

初心者が始めるものでメジャーなのは、アフィリエイトと物販ビジネス

ここでは、インターネットを使ったビジネスに特化して紹介します。あくまでも、私のブログのテーマは「子育て主婦が、パソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでもできるビジネス」になりますので、ご了承ください。

 

まず、インターネットビジネス初心者が始めるものでメジャーなものに、アフィリエイトと物販ビジネスがあります。

 

アフィリエイトビジネスとは、ブログやメールマガジンなどで、商品を紹介・宣伝し、売れればマージンをもらえる広告収入の仕組みです。初期費用が、ブログを作成するだけと考えると、年間で数千円〜のためリスクなく始めやすいです。

 

物販ビジネスとはその名の通り、物を売るビジネスです。アフィリエイトとの違いは、アフィリエイトはあくまでも誰かが売っているものを紹介するだけ、物販ビジネスは仕入れから販売までを自分で完結するものになります。

アフィリエイトビジネスのリスクと稼ぎやすさ

アフィリエイトビジネスは、自身で商品を仕入れることがありません。そのため、自分一人で始められて、仕入れた商品が売れ残るというリスクがありません。

 

ですが、稼ぎやすさという面から見ると、アフィリエイトビジネスで広告収入を得るまでには、例えばブログの場合で、何千文字を何百記事と量産し、また価値提供できる内容を書いていかないといけません。ある程度グーグル検索で上位に上がってくるまで(=集客)、収入も得られないのに書くことを継続していく必要がありますので、初心者が挫折しやすいと言われています。

 

ブログの内容、書き方によっては、一旦売れ出すと書き溜めた記事が、収入を生んでくれるようになるため、軌道に乗るまでとにかく地道に続けることができれば成功しやすくなります。

 物販ビジネスのリスクと稼ぎやすさ

アフィリエイトビジネスに比べると、仕入れから販売まで自身で行わなくてはいけないため、その分労力がかかると思われがちな物販ビジネスですが、売れるようになるまでがアフィリエイトビジネスに比べ早いことが特徴です。

 

また、仕入れから販売、発送まで色々な作業を外注化=仕組み化することができますので、アフィリエイトビジネスのように、パソコンとインターネット環境があればいつでもどこでも収入が得られる、というスタイルも可能です。

 

また物販ビジネスが売りやすいとは言っても、売るための「集客」をする必要がありますが、初心者はゼロから自分でネットショップを立ち上げるよりも、

・AMAZON
・楽天
・BUYMA
・メルカリ
・ヤフオク

といったような、いわゆるプラットフォーム上で始めるのが簡単で手軽な始め方です。

 

特に自分のお店を持つということに憧れて、ネットショップから始めたがる方がいらっしゃるようですが、そのお店に集客するノウハウがなければ、なかなか商品は売れません。

 

反面、プラットフォームの場合、プラットフォーム側が広告を出したりして、集客の対策を行っていますので、売れやすく収入に繋がりやすくなっています。

 

そのため、まずはプラットフォームでの販売をオススメします。

 

物販ビジネスのリスクについてですが、事前に商品の仕入れを行うことで、売れ残る、というリスクが無い事はありませんが、商品を先に仕入れなくても良い「無在庫販売」という手法もあります。これは、お客様から受注が入ってから商品を仕入れるという手法で、すでに売れている商品を仕入れるわけですから、売れ残るリスクが限りなく低くなります。

無在庫販売が公に許されるプラットフォームはバイマ(BUYMA)しかない

収入に繋がりやすい物販で、無在庫販売をすればいいじゃないか、という話なんですが、公に無在庫販売が認められているのは、今のところ私が実践している、バイマ(BUYMA)だけです。

 

というのも、実際にはアマゾンや、メルカリなどで無在庫販売をしている人もいるのですが、無在庫で販売すること自体が公に認められているわけではないので、万が一何かあった場合に、出品者登録しているアカウントが削除されて、販売自体ができなくなることが多くあります。

 

そのプラットフォームで出品者として活動できなければ、もちろん継続的に収入を得ることはできませんので、アカウント停止のリスクだけは回避したいものです。収入が得られるなくなる、という精神的な負担も大きいですしね。

バイマ(BUYMA)の事務局が良心的な理由

元々バイマは、海外に仕事で駐在している方の奥さんがビジネスビザを持っていないため、働くことができないので、バイマを利用して収入を得るために始まった、と言われています。(これはあくまでも私も噂で聞いたものです。)

 

主婦に限らず、誰もが平等にビジネスをして稼ぐことができる、無在庫販売でもOKな、良心的なビジネスモデルです。

 

だからかは定かではないですし、あくまで私の見解ですが、お客様トラブルや、配送トラブルなどで、何かコトが起こった時に、結構バイマ事務局は相談に乗ってくれます。

 

もちろん、やたらめったらハプニングが起きた時だけ連絡することはオススメしませんが、初心者、販売や営業経験がない方などには、安心して始めやすいプラットフォームだと思います。

経験がなくても「新しい収入の柱が欲しいなら」やらない理由は無い

という事で、失敗しようとする方が難しいぐらいのバイマですがw

 

まとめますと、私が実践するバイマは、

 

・集客してくれるため売りやすい

・無在庫販売が公に認められている

・売れ残りリスクが限りなく低い。

・仕入れから発送まで外注化してしまえば、いつでもどこでも収入を得られる。

 

こうなってきますと、もうやらない理由がなくなってきます。^^

 

正しいノウハウと正しい行動量で、始めてみてはいかがでしょうか。

 
↓ 応援ありがとうございます!女性起業家ブログランキング・応援クリックお願いします!


にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ


この記事を書いている人 - WRITER -
ファッション通販サイト”BUYMA”で活動するウェブママバイヤー。 パソコンとWEBを使って収入を得る ほぼ在宅、時にはカフェでノマドする自由なワークスタイル。 フルタイム会社員と子育ての両立に挫折した過去を持つ。 働き辛さを感じる女性達に、自分と同じような働き方をお伝えしたく活動している。 プライベートでは甘えん坊の小2の女の子のママ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 永津晴代 オフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.