仕事も子育ても楽しみ尽くす♡コンサルタント/ウェブママバイヤー

主婦が自宅で起業した方法を全部話します~メリット・デメリット

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ファッション通販サイト”BUYMA”で活動するウェブママバイヤー。 パソコンとWEBを使って収入を得る ほぼ在宅、時にはカフェでノマドする自由なワークスタイル。 フルタイム会社員と子育ての両立に挫折した過去を持つ。 働き辛さを感じる女性達に、自分と同じような働き方をお伝えしたく活動している。 プライベートでは甘えん坊の小2の女の子のママ。

「もう少し収入が欲しいな、、、。働きに出たいな、、。」と思うものの、主婦はまだまだ外で働きづらいもの。

 

特に私のような子育てをしているママや、家族の介護をしていたり、最近では妊活をされている女性なんかも、働きづらいと聞きます。

 

私も実際に、子供を保育園に預けながら会社員として働いていましたが、色々なシーンで働きにくさを感じました。

 

朝、家を出る直前に子供がジュースをこぼしてイライラ。

下手をすれば会社に遅刻する。

パートや時短勤務でお給料は多くないのに、結局、保育園や病児保育にお金を使ってしまって、手残りが無くなる。

 

など、働く子育て主婦のあるあるですよね。

 

私は器用に両立ができず挫折したわけですが、現在は自宅で自分の組み立てたスケジュールで仕事を進めています。

 

朝、子供がジュースをこぼそうが、ストレスなくさっと掃除するだけですし、無駄に子供を怒ることもほとんどありません。

 

ちょっとしたことですが、そういったちょっとした余裕が大事だったりしますよね。

 

とはいえ、本当に主婦が自宅で起業するっていいことばかりなの?

そんなあなたの疑問にお答えし、私の働き方のありのまま、いいことも悪いこともすべてお話ししたいと思います。

そもそも自宅で起業するには?

私の場合は、特にこれといった特技もない、ごくごく普通の主婦ですので、初心者から始めやすいインターネットを使った物販ビジネスから始めました。

→ BUYMAのページはこちらから

 

BUYMA(バイマ)という、海外ファッション通販サイトにパーソナルショッパー(出品者)登録をして、注文が入ったら海外のオンラインサイトから商品を買付し、お客様へ発送するというものです。

 

色々な作業を外注化(人に任せたり)したり、海外のパートナーと契約し買付をかわりにお願いしたりと、自宅だけで完結できるポイントは沢山あり、ご説明したいのですが、ここでは語りつくせませんので、割愛させてもらいますね。

 

パーソナルショッパー登録をすること自体無料で、注文が入ったら買い付ければいい「無在庫販売」という販売手法が認められているプラットフォーム(販売するところ)ですので、特に事前の準備資金もいらずすぐに始められました。

 

ですが、収入を得るということは、日本に住んでいる限り、税金を払わないといけないということです。

 

まずは開業届を税務署で出しました。(個人事業主の届け)

 

これは、本当に簡単な手続きで、紙を1~2枚提出する程度。

税務署が空いているときなら、税務署の方がマンツーマンで丁寧に教えてくれますので、誰でも簡単に開業届を出すことができます。

 

こうして、開業届を提出することで、晴れて簡単に、自分で仕事を始めることができました。

 

自宅で開業することのメリット

・通勤時間がない。

これは、意外と時間のロスを防ぐことができるポイントだと思っています。

私の自宅はそれほど田舎ではありませんが、やはり繁華街(名古屋の中心地)まで通勤するのには、往復で1時間はかかっていました。

制服やスーツに着替えたりする時間も意外とバカにならないなと思います。

 

・スーツなど日常着ないようなオフィシャルな服を購入しなくてもよい。

これは、職場にもよりますが、制服がない場合、普段自分が着ないようなスーツやパンプス、バッグなどを自費で購入しないといけない職場もあると思います。

必要経費とはいえ、せっかくのお給料や収入から支払いっていくのはなんだか切ない気もしますね。

 

・必要経費は、事業の経費とすることができる。

例えば、自宅と言えど、自宅で使用しているパソコンや、通信費など、私用で使用している分と按分し、経費として計上することができます。

その分には税金がかかりません。

そのため、内容によっては節税ができることがあります。

(詳細は、税理士さんにご相談ください。)

 

・働きたい時間を自分でコントロールできる。

これはお仕事の内容にもよると思いますが、私の場合は、全てを自分だけでやっているわけでなく、私でなくてもできる作業を外注さんに頼んでやってもらっています。

 

ちなみに、外注さんは、オンラインで案外簡単に募集することができ、報酬も思ったより高くなかったりします。(もちろん内容によります。)

ですから、自分に用事がある時間にも必ずパソコンに張り付いていたり、スマホを片手にしていなければいけないわけではありません。

あくまで自分が経営者ですから、自分の理想に近づける形で作り上げていけばいいわけですね。

 

・自宅の家電を回しながら仕事をすることが可能。

例えば、洗濯機や食洗器や、ルンバ、ブラーバなどのお掃除ロボット。

 

自宅のパソコンに向かう前に、洗濯機を回して、食洗器を回して、お掃除ロボットを動かして、それからパソコンに向かう。

貴重な時間を短縮できます。

 

もちろん、外出するときに家電を回すこともできますが、乾燥機をかけない洗濯物を干す、お掃除ロボットがどこかにぶつかって止まってしまった。

などのちょっとしたトラブルなどにもすぐ対応することができます。

 

・子供が宿題やワークをしている隣で仕事をすることが可能。

私の子供は、小学校2年生。甘えん坊の女の子です。

そのため、まだ一人で部屋にこもって宿題や勉強をする、ということはできません。

ですが、私自身自宅で仕事をしているため、並んで机に向かうことが可能になります。

何かわからないことがあったときだけ、覗くようにしています。

 

・子供が早く帰宅したり、体調を崩し学校を休むときなどにも柔軟に対応できる。

これは働くママのあるあるだと思いますが、春夏冬の長期休み、その前後の短縮授業、行事などなど。

 

通常でも3時に帰宅する小学低学年の下校時間は早いと感じるのですが、それ以上に早いこともあります。

 

また、冬になれば一度は風邪をひく子がほとんどだと思いますし、インフルエンザが流行ったりして学級閉鎖になることも最近はよくあります。

 

そういったとき、学童にも預けられないことも多いようですので、誰にも気兼ねなしに仕事を調整できることはメリットでしたありません。

 

・一生懸命仕事をしている姿を子供にみせられる

なかなか一生懸命仕事をしている姿って子供に見せる機会ってありませんが、自宅で仕事をしていると、ママはお金を稼ぐために一生懸命頑張っている。

という姿を見せることができます。

 

結果、子供にとっては、仕事は一生懸命するもの、ママは家事に仕事に大変だから、何か手伝ってあげよう、などの思いやる気持ちも育ちやすいと思います。

うちの子は、よく仕事を応援するメッセージを手紙にしてくれたりもします。

 

・経営者として学び、実践することで成長できる。

会社員やパートなどの雇われている状況と、経営者として自分がすべてを動かしていかないといけないという意識は全く違います。

人によるかもしれませんが、私は全く違うと感じでいます。

 

常に、成功されている経営者の情報やコンテンツでインプットし、自分のビジネスに生かせることはないかなと学ぶ姿勢で取り組んでいます。

 

結果、学んでいる姿を子供に見せることができますので、子供も学ぶということが普通の環境になってくると思います。

(この点に関しては、年齢的にまだまだこれからですので、憶測ですが。)

 

・やればやっただけ稼げる。

特別間違ったやり方をしていない限り、やればやっただけ稼げる。

というのは、フリーランスや自営業者のメリットになります。

在宅だけでも年収何千万円、という方は実際いますので、夢の拡がる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

・仕組み化すれば、少ない稼働で大きく稼ぐことを実現できる。

総合すると、自分がしなくてもいいことを外注化をしたり、オンライン上のツール(無料や安価なものがたくさんあります)を活用したり。

それらを使えば、自分は少ない稼働でも収入を上げていくことができるようになります。

 

そういった仕組みを作り上げるのも自分です。その仕組みさえ作り上げれば、理想の働き方を実現できるようになります。

 

自宅で開業することのデメリットは?

・公私の区別がつきにくくなる。

これは人によると思いますが、実際に、少なくとも私はそうです。

 

どうしても会社員のように、この時間からこの時間までで終了。

この後は残業がつくから帰ってね、という風に区切りがつけづらいです。

 

これに関しては、つけなくてもいい、という方もいらっしゃるかもしれませんが、私はなるべくつけたい派です。

今は開業してから数年経ちましたから、家事などをあえて挟むようにしたり、常に時間を意識して仕事をすすめるなど工夫できるようになってきました。

 

ですが、始めたばかりのころは、とにかく自分の中で軌道にのせるまで、と腹をくくっていたところがあります。

そのためそのころは、昼夜問わずパソコンに向かっていました。

とはいえ、それも数か月。

専門学校に通って資格をとろうと思ったら、数年かかるわけですから、決して長いとは私は思いませんが、どう思われますか?

 

・自主的に動けない人は収入を得られない。

自宅で、とはいえ、あくまで経営者になります。

ですから、上記にもお話しましたが、決して最初から楽して大金が儲かる、というものでは決してありません。

そんなものがあったら、みんながお金持ちです。

そんな怪しい話はありませんよね。

 

結局のところ、最初は例え初心者であったとしても、ノウハウはどれだけだって学べます。

 

ですが、自主的に動けな人や、依存体質の人などはなかなか稼げませんので、そういった方は向いていないと思うので、雇われをされることをおすすめします。

 

・人前に出る機会が減るため見られている意識がなくなってくる。

人前にでることで見られている意識が高まり、オシャレをしたり、身なりをきれいにしておこう、若くいよう、と思う方は多いと思いますが、

反面、自宅にこもってばかりいると、そういった意識が少なくなってくることもあります。

 

私も、なるべくネイルサロンに行ったり、毎月美容院に通うなどして、そういった意識が少なくなったために、老けたママにならないように気を付けています。

 

結局、断然 主婦には自宅起業がおすすめ

ここまでメリット・デメリットを挙げてきました。

もちろんこれ以外にもあると思いますが、いかがでしたでしょうか。

 

断然、自宅で起業する事って、始めるのも簡単だし、主婦にとって有利だと思いませんか?

 

私のように、特に特技もない、何から始めよう、という方には低リスクで始められる物販ビジネスがおすすめ。

これについてはまた解説しますのでお楽しみに。

↓メールアドレスを登録

 
↓女性起業家ブログランキング・応援クリックお願いいたします!


にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ


この記事を書いている人 - WRITER -
ファッション通販サイト”BUYMA”で活動するウェブママバイヤー。 パソコンとWEBを使って収入を得る ほぼ在宅、時にはカフェでノマドする自由なワークスタイル。 フルタイム会社員と子育ての両立に挫折した過去を持つ。 働き辛さを感じる女性達に、自分と同じような働き方をお伝えしたく活動している。 プライベートでは甘えん坊の小2の女の子のママ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 永津晴代 オフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.