BUYMA(バイマ)〜仕様変更 何を求められているか考える〜

******************************
”時間も場所も自由”に収入を得たい女性をお応援します。
残席わずか
お申し込みはこちらから→在宅ママWEB起業 お茶会&プチセミナー【11/22(水)名古屋駅周辺】
******************************

こんにちは!永津晴代です。

さて、バイマの仕様が変わって、
生徒さんたちも少しざわついていました。

 

どんな変更かというと、

お客様がお買い物をされる際に、
注文時点で、カラーやサイズの在庫詳細が表示され、
在庫ありと表示されている商品にしか
注文を入れることができなくなりました。

 

まあ、当たり前といえば当たり前なんですけどね。

 

ちょっと、バイマのとあるページから拝借させていただきます。><

右の(オレンジで囲った)部分ですね。

今までは、カラーやサイズの詳細は、↓こんな感じで表示されているだけでした。

ですので、例えば、商品ページには、ブラックが(在庫なし×)としていても、
システム上は、お客様は注文をすることができました。

 

今回の仕様変更では、
ブラックを買おうとすると「お問い合わせ」のボタンが表示されます。
今までの”在庫問い合わせシステム”と特に変わりはないようです。

 

バイマだけではなく、
アマゾンでもメルカリでもそうなんですが、
仕様が変わったりルールが変わると、
ちょっとざわつき出しますよね。

 

でも、今回の仕様変更は特に大きなものではないですし、
自分がもし新しい仕様に対して、対策ができていなければ、
”対応できる方法を考え、対策する”しかないわけなんですね。

 

それよりも、ここで考えた方がいいなと思うのは、
バイマ自体がどうして変更をしたか、というとこなんですね。

 

11月〜12月といえば、
普段バイマではほとんど買い物をされないお客様も
増える時期です。

 

つまりバイマが無在庫販売、
ということを知らないお客様が増えるわけです。

 

ルール自体は知ってはいたとしても、
”年末は、海外からの輸送が遅延することがある”、
ということも知らない方がほとんどなわけです。

 

そこに来て、シーズンは、クリスマスやら、
ボーナスシーズンやらで、プレゼント需要も増える。

 

つまりお客様は、
「この日に届かないと意味がない。困る」
という方が一気に増えるわけです。

 

そこで、考えられるのは、
お客様が欲しいはずの日までに商品をお届けできず、
パーソナルショッパー(出品者)や、バイマ事務局へ、
お客様からのお叱りが増えてしまうということが起きやすくなる、
ということです。

 

バイマで買ったと思っていたら、
実は在庫がない商品だった。

 

いざプレゼントが必要な直前になって
在庫がないと言われた。

 

なども考えらますね。

 

そういったお叱りを防ぐためにも、
バイマ事務局が、このような時期に対策として、
仕様変更したことは、自然な流れといえると思います。

 

ということは、
バイマの中で活動するには、
何を求められているのか考えてみましょう。

 

これも当たり前といえば当たり前ですが、
バイマに求められるパーソナルショッパーになれれば、
露出が増える可能性が高いはずなんです。

 

普通に考えて。

 

人気順のアルゴリズムだって、
バイマ事務局が基準を決めているわけですから。

 

そのあたりまで、普段から考えられていると、
ルール変更や、仕様変更にも焦ることなく、
対応できるようになっているはずですよ。

 

先読みで対策ができていれば一番いいはずですもんね。

 

 

それでは今日は、この辺で。

 

会社と育児の「両立挫折ママ」が資金ゼロから始めた在宅バイヤー 
"在庫を持たなくてもいい"ファッション輸入ウェブ販売【BUYMA】

メールマガジンご登録で、わかりやすい解説動画をプレゼントしています。

↓メールアドレスを登録

 
↓女性起業家ブログランキング・応援クリックお願いいたします!


にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

http://nagatsuharuyo-mailmagazine.com/?page_id=172

Profile

Profile
名前 : 永津 晴代

1978年生まれ、名古屋市在住。
自宅で子育てをしながら、ウェブを使って起業するファッションウェブバイヤー。

数年前、子育てと会社の両立に挫折した、1女のママ、アラフォー主婦。

育児休暇が終わり、帰宅時間が遅い毎日に、会社員としての継続を断念。

15年以上務めた会社を辞めることを決意し、パート勤務に。

世帯収入が激減し、生活を維持するためにも、副業を探していたところ、現在のインターネットを使ったファッション輸入販売にたどり着く。

その後、パート収入をはるかに超え、専業に。

現在は、自宅で収入を得たい女性を中心に、初心者にオンライン指導をしている。

PAGE TOP