在宅起業ママも家事分担を前向きに

我が家の家事を全て外注したときの値段は19万円だそうです。

このぐらいは最低やっておきたいなというレベルで、です。

最近、ネットビジネスを始める女性(特に主婦)が多いですが、

在宅で仕事してたって収入を得られる限りは「仕事」ですから、

もっと胸を張って家事、育児を分担することを積極的に取り入れましょう!

そのための第一歩、様々なコツを集めてみました。

自分たちの家事の全体を把握しましょう。

つまり、見える化、タスク化です。

仕事と同じですね。

家それぞれに内容が少しずつ違ってくると思いますので、毎日している家事は何か。

週に2回必要な家事は何か。

月に1回、3ヶ月に1回という感じで、どんな家事をどれだけしているのかを把握します。
その中で、不要な家事があれば削ります。不要とまでは言わないまでも、

家電などで短縮できる家事は短縮した方がはっきり言っていいのでは、と思います。

家電をフル活用する。

ロボット掃除機なんかはだいぶ普及していると思いますが、今時3万円台くらいからありますし、

綺麗にならないのでは?と思うぐらいなら、まずはレンタルしてみたらいいと思います。

掃除機をかけなくてもよくなった時間にできることはたくさんありますので、

最初は妥協だとしても、使い出したらなしでは生きていけなくなるかもしれませんよ!

ロボット掃除機
洗濯乾燥機
食器洗い乾燥機
高圧洗浄機
低温調理器

などなど色々と家事時間節約になるものがあると思いますので、

どんどん取り入れればいいと思います。

最初の稼ぎは、家電に投資するぐらいでいいと思いますよ。

家事自体を減らすことを考える。

これは、いわゆる断捨離ですね。

洋服だって、本だって、写真だって、食材のストックだって、

あればあるほど管理が大変になります。

これは商品の在庫管理も一緒ですが、在庫が多いほど、管理が大変になり、

基本的には動く量(=売れる量)に対してどのぐらい置いておくか、

回転率を考えてストックしておかなければいけません。

きちんと置いておく量を決めて、把握して、オーバーするようなら、

早めに処分する。これに尽きます。

整理したタスクを少しずつ渡していく。

整理したタスクを見ると、

これなら、旦那さんや子供たちでもできるな、

という家事がありませんか?

そこで、そのタスクをどうやって旦那さんに渡していくかです。

おそらくやってできない男性なんていないですよね。

それが仕事ならできるわけですから。

でも、突然、はいここから半分今日からやってください、

と言ってもなかなか理解が得られないことが多いと思いますし、

それが元で家庭内が平和でなくなるなら意味がありません。

とにかく今全体でこのぐらいある、ということだけ伝えておいて、

少しずつタスクを渡していきます。

男性が好きそうな家事を渡して、趣味化させる。

少しずつ家事や育児を渡していくことのポイントに、

男性でもとっつきやすそうなことや、男性がやりたくなることはないか考えます。

例えば、料理が好きで趣味という男性がいますよね。

それは、自分が作りたい料理が作れて、そのための好きな食材が買えるから、

趣味になるわけです。

まずは、いわゆる男の料理でいいので、クックパッドで自分の食べたいものを探してもらって、

チャレンジしてもらうといいですね。

ここでのポイントは、食材は好きなものをまずは買ってもらう、

ということです。

一気に、料理も作ってもらって、節約もしてもらって、

とはハードルが高い、というか2つハードルが出てきます。

これはいくら何でも旦那さんに負担をいきなりかけすぎかなと思います。

機嫌を損ねては身も蓋もありません。笑

まずは好きなものを買ってもらって、作ってもらう、

これを第一歩にしてみてください。

というのも、高い食材ばかり買うから、勿体無いと考えるより、

外食をするよりは、安くていい、とか体にいいものを使っている、

などの考え方をした方が、気も楽になりますし、結果、節約にもなりますよ。

男性がハマる「道具」にこだわる。

料理の場合は、包丁なんかは刃物であり、趣味として考えるとコレクションしている方もいるぐらいですから、

旦那さんが欲しくなるいい包丁を選んでもらって購入したり、家電などもいいですね。

掃除機なんかでしたら、我が家も旦那さんはダイソンのものが好きですが、

メカっぽい感じがなんとも男性的じゃないですか。

そういうお気に入り家電を買ってもらって、担当してもらうと平和です。

家電が使いたくて仕方がない、というところまで持っていけたらラッキーですね。

ここでも少々高い家電でも目を瞑ることも大事です。

旦那さんが掃除してくれると思えば、業者を呼ぶより安く済むわけです。

子供にもできる家事は積極的に手伝ってもらう。

子供だって、お手伝いをしてもらいましょう。

小さなお子さんの場合は、無理、むしろ時間がかかる、と思われるかもしれませんが、

後々の投資だと思って取り組んだ方がいいです。

逆に小さな頃から癖付けた方がいいですし、

モンテッソーリ教育などでも色々な作業をさせますが、それと同じですよね。

そもそも小さな子供は何でもやりたがりだったりしますから、

その目を摘まないようにしたいですね。

ましてや小学校中学年ぐらいになれば、立派にお手伝いできます。

担当を決めて、責任感を養ったり、

家族のために貢献しているという意識を持ってもらうことはとてもいいことだと思います。

大仕事や年に数回のことこそ外注化しよう。

仕事でも外注化、とよく私は言っていますが、ことは同じです。

特に、エアコンや換気扇の掃除など、毎日行うわけではないけど、

結構な大仕事で、プロがやった方が格段に時短で効果が全然違う、というものから外注化しましょう。

それだけで、なんだかすっきりしてさらに仕事を頑張ろう、という気持ちになったりするものですよ。

家事は分担するものと理解してもらえるまではプレゼントをあげる。

おそらくこうして頑張っても家事は分担するものだとわかってもらうまで、

時間がかかる夫婦もいるかもしれません。

それでも、何か手伝って取り組むようになってきたら、

自分の仕事で得たお金で何か小さくてもいいので、プレゼントをしてあげてください。

クリスマスが1年を締めくくる時期で一番タイミングがいいのではと思います。

逆に、旦那さんが、よく理解してくれるようになったら、家事をよくした方がもらいましょう。

奥さんがたくさん家事をするのが当たり前ではなくて、

「たくさんしてくれたから、ありがとう」の気持ちを受け取りましょう!

 

さて、いかがでしたでしょうか。

とにもかくにも家事も仕事と同じ!

時間を短縮しながら、やるなら楽しみながらやったもの勝ちです!

少しずつ取り組んでみて仕事に向き合える時間を増やしてくださいね。

何せ、旦那さんがサラリーマンの場合、なかなかお給料は上がらない時代です。

でも在宅起業ママはやればやっただけ、売上が上がり、利益が上がります。

もちろん、時間だけではないですが、時間はもちろん重要です。

その辺りも理解してもらえるようになると、世帯収入はぐっと上がるはずですよ!

会社と育児の「両立挫折ママ」が資金ゼロから始めた在宅バイヤー 
"在庫を持たなくてもいい"ファッション輸入ウェブ販売【BUYMA】

メールマガジンご登録で、わかりやすい解説動画をプレゼントしています。

↓メールアドレスを登録

 
↓女性起業家ブログランキング・応援クリックお願いいたします!


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

PAGE TOP